補習校のご案内

教育理念

シュツットガルト日本語補習授業校では、保護者・理事会・講師が以下の三つの柱を教育理念として共有し、子どもたちの教育にあたっています。
1.生徒自らが自分で目標を決めて、自分で行動する心を育てます。そのために、それぞれの発達段階・能力に合わせて、能動的に学ぶ姿勢を大切にします。
2.ドイツにおいて日本語を学びながら、日本文化や歴史を理解し、尊重する心を培うと共に、国際感覚を持って他国の文化を尊重できる人間を育てます。
3.子どもたちが背景として持つドイツや日本、世界の国々の文化の違い、性別の違い、言語の違い、考え方の違いを互いに尊重し、共に学び、成長できる場を整えます。
(2021年度制定)